エドヒガン <江戸彼岸>
Cerasus itosakura (Siebold) Masam. et S.Suzuki var. itosakura f. ascendens (Makino) H.Ohba et H.Ikeda (バラ科)

分布 本州、四国、九州;台湾、韓国(チェジュ島)、中国中部
生育地 山地
特徴 落葉高木、両性花

和名は、春の彼岸のころに開花し、東京に多く植えられていたことに由来します。ソメイヨシノをはじめ、多くの栽培品種の元となりました。萼筒が壷形であるのが特徴です。葉が展開する前に開花します。学名がC. spachiana より変更になりました。

当園花期 4月中旬〜下旬
その他

別名アズマヒガン、ヒガンザクラ、ウバヒガン。イトザクラは本種の枝垂れ品種ですが、学名的には本種がイトザクラの立ち上がり品種扱いとなりました。イトザクラの花色が濃いベニシダレ、さらに八重咲きのヤエベニシダレもあります。

コシノヒガンザクラは本種の変種とされていましたが、キンキマメザクラとの雑種とされ、コヒガンザクラの品種扱いとなりました。

その他エドヒガン系栽培品種には、ウジョウシダレオネヤマヒガンショウドウヒガンなどがあります。

photo
[休憩芝生付近 2022年04月12日 撮影]
map
園内位置
photo
[石標92番付近 2016年10月06日 撮影]
photo
[休憩芝生付近 2016年04月15日 撮影]
photo
[休憩芝生付近 2015年04月16日 撮影]
photo
[休憩芝生付近 2021年04月08日 撮影]
photo
[休憩芝生付近 2019年04月22日 撮影]
photo
[休憩芝生付近 2015年04月24日 撮影]