'ショウドウヒガン' <'勝道彼岸'>
Cerasus 'Syodo-higan' (バラ科)

分布 栽培品種
生育地
特徴 落葉小高木、両性花

日光分園において、ショウドウザクラの種子を播種したものの中から生じた栽培品種です。ショウドウザクラとエドヒガンの雑種と推定され、ショウドウザクラよりも花つきが良好です。萼筒の基部の丸い膨らみ、萼片の鋸歯、花柱や若枝が有毛である点にエドヒガンの特徴が出ています。

当園花期 4月中旬〜下旬
その他 久保田秀夫により命名、発表されました。
photo
[実験室前芝生付近 2020年04月09日 撮影]
map
point
point
園内位置
photo
[実験室前芝生付近 2020年04月17日 撮影]
photo
[実験室前芝生付近 2016年04月18日 撮影]
photo
[実験室前芝生付近 2020年04月19日 撮影]
photo
[石標11番付近 2019年04月22日 撮影]