オクチョウジザクラ <奥丁字桜> endemic species to Japan

Cerasus apetala (Siebold et Zucc.) Masam. et S.Suzuki var. pilosa (Koidz.) H.Ohba (バラ科)

サクラ園と大正天皇記念園に植栽されています。チョウジザクラの変種で、日本海側に分布します。チョウジザクラよりも花弁が一回り以上大きく、萼筒や小花柄の毛が少ない、萼片に鋸歯がない等の点で区別されます。似た変種にミヤマチョウジザクラもあります。

[サクラ園 2016年04月06日 撮影]

[大正天皇記念園 2022年04月08日 撮影]

[サクラ園 2022年04月06日 撮影]

[サクラ園 2022年03月31日 撮影]

[サクラ園 2016年04月06日 撮影]

[サクラ園 2015年04月06日 撮影]

分布:本州(青森県から滋賀県までの日本海側)
生育地:山地
特徴:落葉高木、両性花
当園花期:3月下旬〜4月中旬

map
point
point
point

園内位置