チョウジザクラ <丁字桜>
Cerasus apetala (Siebold et Zucc.) Ohle ex H.Ohba var. tetsuyae H.Ohba (バラ科)

分布 本州(東北地方〜広島県のおもに太平洋側と中央部)、九州(熊本県)(日本固有種)
生育地 山地にまばらに生育
特徴 4-7mの落葉小高木、両性花

花を横から見ると丁字の形に見えます。ひとつの花芽から1〜3個の花が下向きに付き、葉の展開前あるいはほぼ同時に開花します。開花がまばらなため見栄えはせず、花期が長いため雑種を多く作ります。

当園花期 4月上旬〜下旬
その他 変種にミヤマチョウジザクラオクチョウジザクラ
photo
[石標18〜19番付近(19番側塀沿い)2020年04月09日 撮影]
map
園内位置
photo
[石標18〜19番付近(19番側塀沿い)2020年04月09日 撮影]
photo
[石標18〜19番付近 2019年04月23日 撮影]
photo
[石標18〜19番付近(19番側塀沿い)2015年04月15日 撮影]

石標18番〜19番付近の19番側塀沿いの個体がチョウジザクラの特徴を良く表しています。石標60番の個体は長い間チョウジザクラの札がつけられていましたが、花弁が大きいことなどから典型的なチョウジザクラとは言えず、雑種の可能性があります。

photo
[石標18〜19番付近 2019年04月19日 撮影]
photo
[石標24番付近 2015年04月15日 撮影]
photo
[石標24番付近 2016年04月20日 撮影]