ウリハダカエデ (瓜肌楓)
Acer rufinerve Siebold et Zucc. (ムクロジ科)

分布 本州、四国、九州
生育地 低山
特徴 落葉小高木・高木

葉は、テツカエデに似ますが、葉柄が短く、葉身の下部が丸みを帯びること、二回りほど小さいことなどで区別できます。若い樹皮は緑色に縦縞が入り、マクワウリに似るので、この名がついたとされます。

当園花期 5月上旬
その他
photo
黄葉[石標15番付近 2009年10月30日 撮影]
map
point
point
point
point
point
point
point
point
point
園内位置
photo
[空池北側・石標72番付近 2020年05月12日 撮影]
photo
黄葉[石標15番付近 2009年10月30日 撮影]

雄花[石標15番付近 2010年05月06日 撮影]
photo
樹皮[石標15番付近 2009年10月30日 撮影]
photo
紅葉[石標24番付近 2015年10月13日 撮影]
photo
紅葉した葉