テツカエデ (鉄楓)
Acer nipponicum H.Hara subsp. nipponicum var. nipponicum Siebold et Zucc. (ムクロジ科)

分布 本州(岩手、秋田以南)、四国、九州
生育地 山地
特徴 落葉高木

際だって大きな葉をつけるカエデで、葉身は15cm以上になり、葉柄もそれ以上に長くなります。材が黒いことから鉄を連想してつけられたと言います。

当園花期 5月下旬
その他
photo
[石標90番付近 2018年06月05日 撮影]
map
point
point
園内位置
photo
花[石標90番付近 2010年05月28日 撮影]
photo
黄葉[石標90番付近 2009年10月16日 撮影]
photo
[石標90番付近 2018年05月21日 撮影]
photo
黄葉した葉