小石川植物園は東京大学大学院理学系研究科の附属施設です。
  1. トップ
  2. 概要

概要

植物園の概要

植物園航空写真

東京大学大学院理学系研究科附属植物園は、一般には「小石川植物園」の名で呼ばれ親しまれており、植物学の研究・教育を目的とする東京大学の教育実習施設です。 この植物園は日本でもっとも古い植物園であるだけでなく、世界でも有数の歴史を持つ植物園の一つです。 約320年前の貞享元年(1684)に徳川幕府が設けた「小石川御薬園」がこの植物園の遠い前身で、明治10年、東京大学が設立された直後に附属植物園となり一般にも公開されてきました。 面積は161,588m2(48,880坪)で、台地、傾斜地、低地、泉水地などの地形を利用して様々な植物が配置されています。 この植物園は日本の近代植物学発祥の地でもあり、現在も自然誌を中心とした植物学の研究・教育の場となっており、特に東アジアの植物研究の世界的センターとして機能しています。 植物園本館には植物標本約70万点(植物標本は、東京大学総合研究博物館と一体に運営されており、全体で約170万点収蔵されています)、植物学関連図書約2万冊があり、内外からの多くの植物研究者に活用されています。 園内には長い歴史を物語る数多くの由緒ある植物や遺構が今も残されており、国の史跡および名勝に指定されています。

栃木県日光市には、1902年に設立された「日光分園」があり、東京では栽培の難しい山地植物に関する研究・教育が行われております。 この植物園も一般に公開されており、「日光植物園」の名前で親しまれています。 なお、日光分園の公開期間は4月15日から11月30日であり、冬期は一般公開をしていないことに御留意下さい。

園長挨拶

園長写真

2019年4月より、東京大学大学院理学系研究科附属植物園の園長職2期目を勤めることになりました。引き続き、園の発展に微力ながら尽力させていただきます。

小石川本園における長年の懸案事項であった公開大温室の更新は、ようやく実現の運びとなりました。また日光分園にも、フィールドステーション棟が新設されました。多くの善意ある方々からのご支援のおかげです。この場を借りて感謝申し上げますと共に、教育・研究・啓蒙のため積極的に活用していくことをお約束します。園ではこの機会に、独自コレクションの展示や、他にはない特徴ある解説等を展開していく予定です。

しかしまだまだ課題は山積みです。小石川本園と日光分園は、歴史の長さから見ても、植物生理学、分類系統学、生態学、そして種生物学の分野における世界的貢献から見ても、世界第一級の研究植物園です。しかし海外の著名な研究植物園と比べてスタッフの数、研究環境において大きく見劣りするのが現状です。さらなる改善を目指して活動をしていきたいと思いますので、みなさまのご支援をどうぞよろしくお願い申し上げます。

東京大学大学院理学系研究科・生物科学専攻教授 塚谷 裕一

植物多様性の保全 研究・教育活動 研究教育利用について 取材等について
ライフィングリーン プロジェクト 東京大学 大学院理学系研究科・理学部 東京大学大学院理学系研究科生物科学専攻 ・理学部生物学科 小石川植物園後援会 その他のリンク
お問い合わせ

小石川植物園は東京大学大学院理学系研究科の附属施設です。 東京都文京区に本園、栃木県日光市に日光分園があります。 当園・ホームページ へのご意見・ご質問は下記までお願いします。 なお、取材依頼はこちらからお願いします。

〒112-0001
東京都文京区白山3丁目7番1号
TEL : 03-3814-0138
FAX : 03-3814-0139
  • 写真を添付する際にはファイルサイズを縮小して下さい。
  • 当園植栽以外の植物の質問は、自治体等のみどりの相談所・窓口にお問い合わせ下さい。
  • 本ホームページ内の文章及び画像の無断転載・引用を禁じます。
Copyright © Botanical Gardens, Graduate School of Science, The University of Tokyo. All rights reserved.