小石川植物園は東京大学大学院理学系研究科の附属施設です。
  1. トップ
  2. 概要
  3. 園内の記念樹と遺構

概要

園内の記念樹と遺構

精子発見のイチョウ Ginkgo biloba (maidenhair tree)

精子発見のイチョウ

植物園のほぼ中央にあるこの大イチョウ(雌株)を研究材料として、明治29(1896)年に、理学部植物学教室の助手であった平瀬作五郎が、種子植物にも精子が存在することを発見しました。 これは日本の初期の生物学者による世界的な発見で、生物学史上の偉業とされています。 昭和31(1956)年にこの木の下に精子発見60周年記念碑が建立されました。

この木の樹齢は年輪抽出により約300歳と推定され、幹回り4.9mの大木となっています。 このイチョウが生育している場所は、薬園奉行岡田利左衛門の邸内であったこと、利左衛門が享保(1718)年から奉行になったことなどから、おそらく利左衛門が植えたものと推定されます。 明治元(1868)年6月、お薬園が幕府から朝廷に移管される時、園内の樹木は期限内に伐採すると関係者の所有となることとなったため、そのほとんどが切り倒されてしまいました。 その時、この大イチョウも鋸で挽かれ始めましたが、太すぎたため、期限内に切ることができず、難を逃れたということです。 昭和のはじめ頃にはまだ鋸の切り傷跡が見られ「鋸歯のイチョウ」と呼ばれていましたが、現在では完全に跡が消え、この名も忘れ去られてしまいました。

The fertilization of eggs by spermatozoids in seed plants was first discovered by Sakugoro Hirase, who used ovules from a female tree of Ginkgo biloba, a primitive gymnosperm, plant in the Botanical Gardens. This was an epoch-making achievement during the early days of modern botanical research in Japan.

ニュートンのリンゴ Newton's apple tree

ニュートンのリンゴ

物理学者ニュートンSir Isaac Newton(1643-1727)が、リンゴが木から落ちるのを見て「万有引力の法則」を発見したという逸話は有名です。 ニュートンの生家にあったその木は接ぎ木によって、イギリスだけでなく、アメリカ、ドイツ、スウェーデンなどの科学に関係ある施設に分譲されて育てられています。 植物園の木は昭和39(1964)年に英国物理学研究所長サザーランドから日本学士院長柴田雄次に贈られた枝を接ぎ木したものです。 この枝はウイルスに感染していたので、植物園で隔離栽培しウイルス治療を受けた後、昭和56(1981)年に園内に植え出されました。 その後、本園から日本国内の研究所や植物園、学校などに接ぎ穂が分譲され、「科学の心を育てる記念樹」として親しまれています。

In a famous anecdote, Sir Isaac Newton is credited with discovering the law of gravity after being hit on the head from an apple falling from a tree. The tree responsible for this discovery and its propagules are cared for as a scientific monument. Newton's apple tree in the Botanical Gardens is a graft originating from an apple tree given to Y. Shibata, the former President of the Japan Academy, through the courtesy of Sir G. Sutherland, former Director of the National Physical Laboratory, England. Unfortunately, this tree suffered from a viral disease, but was cured and rooted in the Koishikawa Botanical Gardens in 1981.

メンデルのブドウ Mendel's grapevine

メンデルのブドウ

遺伝学の基礎を築いたメンデルGregor J. Mendel(1822-1884)が実験に用いた由緒あるブドウの分株で、「メンデルのブドウ」と呼ばれています。 これは第2代園長を務めた三好 學が、大正2(1913)年チェコのブルノーに、メンデルが在職した修道院を訪ねたとき、旧実験園に残っていたブドウの分譲を依頼して、その翌年に同地から送られてきたものです。 この後、メンデル記念館のブドウは消滅したことがわかり、本園のブドウを里帰りさせて、現地にも同じブドウの株を復活させました。

The grapevine in the Botanical Gardens is derived from grapevines used for study by Gregor J. Mendel, the founder of genetics. The vines were introduced by M. Miyoshi, the second Director of the Botanical Gardens.

日本庭園 Japanese garden

日本庭園

第5代将軍徳川綱吉の幼児の居邸であった白山御殿の庭園に由来するもので、江戸時代末期には蜷川能登守の下屋敷の一部になっていました。 造園家の名は不明ですが、自然の地形をたくみに利用しており、おとなしい石組みや地割りのなかにすぐれた技術がうかがわれ、江戸時代の代表的な庭園の一つであるといわれています。 その一角には梅園があり、主として観賞用に作出された約50の園芸品種計100株あまりが集められています。 また梅林の中央にはハナショウブ園を設け、江戸系80、伊勢系20の計100品種を植えています。

The traditional Japanese garden is derived in part from a garden of the Hakusan Palace, the residence of the 5th Shogun, Tsunayoshi Tokugawa, during his youth. The landscape is skillfully designed to utilize the natural topography and excellently preserves the style of gardening during the Edo era. Some 50 ume trees (Prunus mume), representing various races and cultivated varieties, and about 100 cultivars of Japanese irises are planted around this garden.

旧東京医学校本館 The main building of the former Tokyo Igakko

旧東京医学校本館

日本庭園の一隅に国の重要文化財に指定されている旧東京医学校本館があります。 東京大学関係の現存する最古の建物で、明治9(1876)年に建築されたものです。 昭和44(1969)年に本郷構内よりこの場所に移されました。 現在は総合研究博物館小石川分館として利用され一般に公開されています。

In the northwestern part of the gardens, there is a wooden building designated an Important Cultural Property. This was a principal building of the former Tokyo Igakko (Tokyo Medical College) and is the oldest remaining building in the University of Tokyo. It was moved here from Hongo Campus in 1969. Now it is opened to the public as the Koishikawa Annex of the University Museum, The University of Tokyo.

旧養生所の井戸 Well of "Koishikawa Yojyosho"

旧養生所の井戸

小石川養生所は貧困者のための施療所で、町医者小川笙船の意見により、享保7年12月(新暦1723年1月)につくられ、明治維新の時に廃止されるまで続きました。 この養生所の井戸は現在も残っており、水質が良く、水量も豊かで、大正12(1923)年の関東大震災の時には避難者の飲料水としておおいに役立ちました。

The Koishikawa Yojyosho (Hospital) was opened to the poor in 1723 and closed during the Meiji Restoration. The hospital well remains in the middle of the gardens. The plentiful water springing from the well was of high quality and therefore played a valuable role in saving refuses of the Tokyo Earthquake of 1923.

甘藷試作跡 Experimental cultivation of sweet potatoes

甘藷試作跡

青木昆陽(通称甘藷先生)は、江戸付近でも甘藷(サツマイモ)の栽培ができるならば、利益も大きく飢饉の時の食料作物としても役立つと考え、享保20(1735)年に幕府に進言し許可を得て、この地で栽培を試みました。 この試作は成功し、やがて全国的に甘藷が栽培されるきっかけとなりました。 大正10(1921)年にこの業績をたたえ記念碑が建てられました。

Konyo Aoki conducted experimental cultivation of sweet potatoes in 1735, the first trial of its kind in the Tokyo area. His success initiated sweet potato cultivation throughout Japan as an emergency crop and is commemorated by a stone monument resembling a sweet potato.

柴田記念館 Shibata Memorial Building

柴田記念館

理学部植物学教室の教授であった柴田桂太が大正7(1918)年に「フラヴォン族化合物の植物界に於ける分布及其生理学的意義に関する研究」に対して帝国学士院より恩賜賞を受け、大学に寄付した基金により「生理化学研究室」として大正8年に建設された建物です。 柴田もこの建物で研究しました。建物の左側には記念碑が立っています。

When Prof. Keita Shibata of the Department of Botany, Faculty of Science, received the Imperial Award of the Japan Academy in 1918 he donated the prize money to the University to build this biochemistry laboratory in the Botanical Gardens.

乾薬場跡 Remains of place drying herbal medicines

乾薬場跡

薬園当時、朝廷や幕府に献上する薬草の乾薬場にあった平石(伊豆石)の一部が当時の位置に残されています。 この平石は石畳と呼ばれ、この上に薬草を並べて乾燥させました。 乾燥場は約40坪(約132m2)あり、女人禁制で、その周囲は竹矢来で厳重に囲われていたそうです。

A patch of flat stone pavement some 132m2 remains from the original Edo ear medicinal herb garden. This place was used for drying herbal medicines harvested in the garden at the time.

大震火災記念石

大震火災記念石

大正12(1923)年の関東大震災では、多くの被災者が植物園に避難し、一部は内務省が園内に設けた22棟の急設救護所に居住する状態となった。 大正14(1925)年1月に全員が退去したが、避難の記念として大震火災記念石が残された。

植物多様性の保全 研究・教育活動
ライフィングリーン プロジェクト 東京大学 大学院理学系研究科・理学部 東京大学大学院理学系研究科生物科学専攻 ・理学部生物学科 小石川植物園後援会 その他のリンク メディアの方へ
お問い合わせ

小石川植物園は東京大学大学院理学系研究科の附属施設です。 東京都文京区に本園、栃木県日光市に日光分園があります。 当園・ホームページ へのご意見・ご質問は下記までお願いします。 なお、取材依頼はこちらからお願いします。

〒112-0001
東京都文京区白山3丁目7番1号
TEL : 03-3814-0138
FAX : 03-3814-0139
  • 写真を添付する際にはファイルサイズを縮小して下さい。
  • 当園植栽以外の植物の質問は、自治体等のみどりの相談所・窓口にお問い合わせ下さい。
  • 本ホームページ内の文章及び画像の無断転載・引用を禁じます。
Copyright © Botanical Gardens, Graduate School of Science, The University of Tokyo. All rights reserved.