小石川植物園は東京大学大学院理学系研究科の附属施設です。
  1. トップ
  2. 概要

概要

植物園の概要

植物園航空写真

東京大学大学院理学系研究科附属植物園は、一般には「小石川植物園」の名で呼ばれ親しまれており、植物学の研究・教育を目的とする東京大学の教育実習施設です。 この植物園は日本でもっとも古い植物園であるだけでなく、世界でも有数の歴史を持つ植物園の一つです。 約320年前の貞享元年(1684)に徳川幕府が設けた「小石川御薬園」がこの植物園の遠い前身で、明治10年、東京大学が設立された直後に附属植物園となり一般にも公開されてきました。 面積は161,588m2(48,880坪)で、台地、傾斜地、低地、泉水地などの地形を利用して様々な植物が配置されています。 この植物園は日本の近代植物学発祥の地でもあり、現在も自然誌を中心とした植物学の研究・教育の場となっており、特に東アジアの植物研究の世界的センターとして機能しています。 植物園本館には植物標本約70万点(植物標本は、東京大学総合研究博物館と一体に運営されており、全体で約170万点収蔵されています)、植物学関連図書約2万冊があり、内外からの多くの植物研究者に活用されています。 園内には長い歴史を物語る数多くの由緒ある植物や遺構が今も残されており、国の史跡および名勝に指定されています。

栃木県日光市には、1902年に設立された「日光分園」があり、東京では栽培の難しい山地植物に関する研究・教育が行われております。 この植物園も一般に公開されており、「日光植物園」の名前で親しまれています。 なお、日光分園の公開期間は4月15日から11月30日であり、冬期は一般公開をしていないことに御留意下さい。

園長挨拶

園長写真

2017年4月より2年間、東京大学大学院理学系研究科附属植物園の園長職を仰せつかりました。微力ながら勤めさせていただきます。

外部から見ると、今も昔も変わらず珍しい植物が多数栽培されている研究植物園と見えますが、園長としていろいろな事情を知るにつれ、非常に多くの課題に直面していることが分かってきました。小石川植物園は、柴田記念館の存在でも分かるとおり、植物生理学の活動拠点であった歴史もあります。実際、今でも本園の1研究室は、植物の再生現象の解明に尽力しています。また日光分園では、植物生態学の研究が進められています。しかし海外の有力な研究植物園は、より強力な体制のもと、21世紀型の植物研究センターとして生まれ変わりつつあります。

そうした中、どうしたら日本を代表する研究植物園が、海外と同レベルの、いやそれを越えるような研究拠点になれるのか、さまざまな障壁の存在を認識しつつも、探っていき、次の園長に引き継ぎたいと思っています。そのための研究資金の確保も欠かせません。みなさまのご支援をどうぞよろしくお願い申し上げます。

東京大学大学院理学系研究科・生物科学専攻教授 塚谷 裕一

植物多様性の保全 研究・教育活動
ライフィングリーン プロジェクト 東京大学 大学院理学系研究科・理学部 東京大学大学院理学系研究科生物科学専攻 ・理学部生物学科 小石川植物園後援会 その他のリンク メディアの方へ
お問い合わせ

小石川植物園は東京大学大学院理学系研究科の附属施設です。 東京都文京区に本園、栃木県日光市に日光分園があります。 当園・ホームページ へのご意見・ご質問は下記までお願いします。 なお、取材依頼はこちらからお願いします。

〒112-0001
東京都文京区白山3丁目7番1号
TEL : 03-3814-0138
FAX : 03-3814-0139
  • 写真を添付する際にはファイルサイズを縮小して下さい。
  • 当園植栽以外の植物の質問は、自治体等のみどりの相談所・窓口にお問い合わせ下さい。
  • 本ホームページ内の文章及び画像の無断転載・引用を禁じます。
Copyright © Botanical Gardens, Graduate School of Science, The University of Tokyo. All rights reserved.