モチツツジ (黐躑躅)
Rhododendron macrosepalum Maxim. (ツツジ科)

分布 本州、四国
生育地 低山〜丘陵
特徴 落葉低木

腺毛から粘着性の物質を出し、昆虫の食害等から身を守る。原種の花も美しいが、ハナグルマ、コチョウゾロイ、テボタンなど多くの栽培品種が作られている。

当園花期 5月中旬〜5月下旬
その他
photo
[石標23番付近 2015年05月11日 撮影]
map
園内位置
photo
[ミズバショウ池付近 2016年05月18日 撮影]
photo
[ミズバショウ池付近 2015年05月11日 撮影]
photo
[石標23番付近 2016年05月12日 撮影]
photo
[2009年05月22日 撮影]