'ショウドウザクラ' <'勝道桜'>
Cerasus x syodoi (Nakai) H.Ohba 'Shyodoi' (バラ科)

分布 栽培品種
生育地
特徴 落葉小高木、両性花

長年マメザクラオオヤマザクラの種間雑種と考えられていましたが、近年のDNA 解析の結果により、マメザクラとソメイヨシノの雑種と推定されています。萼筒の基部がわずかに膨らみ円柱状になります。

当園花期 4月下旬
その他 小石川本園4代園長、中井猛之進により日光山を開いた勝道(しょうどう)上人に因んで名付けられました。駐車場付近と石標13番付近に大型の個体があったのですが、どちらも枯死してしまいました。現在新たに稚樹を植えています。
photo
[実験室前芝生付近 2020年04月19日 撮影]
map
point
point
園内位置
photo
[サクラ園 2019年04月19日 撮影]
photo
[駐車場付近 2016年04月18日 撮影]
photo
[駐車場付近 2015年04月16日 撮影]
photo
[実験室前芝生付近 2020年04月17日 撮影]
photo
[石標13番付近 2016年04月20日 撮影]
photo
[石標13番付近 2015年04月16日 撮影]