クマノザクラ <熊野桜>
Cerasus kumanoensis T.Katsuki (バラ科)

分布 紀伊半島南部、熊野川流域
生育地
特徴 落葉高木、両性花

形態的にはヤマザクラと比べ花弁の赤みが強い傾向や、葉が細長い傾向があります。また、ヤマザクラに比べ開花が2週間程度早いことが特徴です。

当園花期 3月下旬〜4月上旬(推定)
その他 2018年に新種とされた新しいサクラ基本種です。基本種としては極めて限られた分布域にのみ自生しています。2019年6月下旬に園内に植栽されました。
photo
植栽確認[石標73番付近・大池北側 2019年07月19日 撮影]
map
point
point
point
園内位置
photo
植栽確認[石標19〜20番付近 2020年04月17日 撮影]
photo
植栽確認[石標73番付近・大池北側 2019年07月19日 撮影]
photo
表[落葉スキャン 2019年10月01日 撮影]
photo
植栽確認[石標73番付近・大池北側 2019年07月19日 撮影]
photo
裏[落葉スキャン 2019年10月01日 撮影]