ブコウマメザクラ <武甲豆桜>
Cerasus incisa (Thunb.) Loisel. var. bukosanensis (Honda) H.Ohba (バラ科)

分布 本州(関東北西部・・・秩父地方を中心とした石灰岩地)(日本固有種)
生育地 石灰岩地に多い
特徴 落葉小高木、両性花

マメザクラの変種です。マメザクラよりも葉が大きく(5〜8cm)、丸い形をしています。また、雄しべが萼筒よりも短いのが特徴です。

当園花期 4月上旬
その他 本園5代園長の本田正次がタカネザクラの変種として発表した後、11代園長の原寛によってマメザクラの変種とされました。絶滅危惧IB類(EN)。
photo
[石標15番付近 2020年04月07日 撮影]
map
園内位置
photo
[石標15番付近 2020年03月27日 撮影]
photo
[サクラ園 2016年04月06日 撮影]
photo
[石標15番付近 2015年04月06日 撮影]
photo
[サクラ園 2020年04月03日 撮影]
photo
[石標15番付近 2016年04月06日 撮影]
photo
[石標15番付近 2015年04月06日 撮影]
photo
[2005年04月18日 撮影]