トップ】  【概 要】  【利用案内】  【園内案内】  【開花・紅葉状況】  【花暦】  【アクセス】 

園内で見られる植物の説明:  サクラツツジカエデ

サクラ

サクラの仲間(バラ科 Rosaceae 広義サクラ属 Prunus s.l.)は東アジアから中央アジアを中心とした北半球温帯や熱帯に200種以上が分布しており、サクラ属(Cerasus )、ウワミズザクラ属(Padus )、バクチノキ属(Laurocerasus )、スモモ属(Prunus )に分けられます。

日本には次の16種が自生しています。

サクラ属(10種): 落葉性高木あるいは亜高木、低木。山地や林縁などで見られます。
ウワミズザクラ属(4種): 落葉性高木。山地の谷間などで見られます。
バクチノキ属(2種): 常緑性高木。関東以西に分布し、山地の谷間など湿り気のあるところに見られます。

当園には、日光では栽培できない暖地性のバクチノキ属を除いて、サクラの仲間の日本自生種14種が全て集まっています(2018年新発見のクマノザクラは準備中です。もう暫くお待ち下さい)。園内では変種(var.)や品種(f.)、種間雑種(x)、栽培品種(' ')、外国産のものも含めると50種類以上を見ることができます。

日光植物園で見られるサクラ

サクラ属 Cerasus

サクラ節 Sect. Sargentiella
【ヤマザクラ群】
ヤマザクラ  Cerasus jamasakura (Siebold ex Koidz.) H.Ohba var. jamasakura
カスミザクラ  Cerasus leveilleana (Koehne) H.Ohba var. leveilleana
キリフリザクラ  f. pendula (H.Hara) H.Ohba
アサギリザクラ  f. intermedia Nakai
カタオカザクラ  f. norioi Ohwi
ハンヤエカスミザクラ  f. semiplena
オオヤマザクラ  Cerasus sargentii (Rehder) H.Ohba
ケエゾヤマザクラ  f. pubescens (Tatew.) H.Ohba
オオシマザクラ  Cerasus speciosa (Koidz.) H.Ohba
クマノザクラ(準備中)  Cerasus kumanoensis T.Katsuki
【エドヒガン群】
エドヒガン  Cerasus spachiana Lavalée ex H.Otto var. spachiana f. ascendens (Makino) H.Ohba
コシノヒガンザクラ  var. koshiensis (Koidz.) H.Ohba
【マメザクラ群】
マメザクラ  Cerasus incisa (Thunb.) Loisel. var. incisa
ミドリザクラ  f. yamadei (Makino) H.Ohba
ブコウマメザクラ  var. bukosanensis (Honda) H.Ohba
キンキマメザクラ  var. kinkiensis (Koidz.) H.Ohba
タカネザクラ  Cerasus nipponica (Matsum.) Ohle ex H.Ohba var. nipponica
チシマザクラ  var. kurilensis (Miyabe) H.Ohba
【チョウジザクラ群】
チョウジザクラ  Cerasus apetala (Siebold et Zucc.) Ohle ex H.Ohba var. tetsuyae H.Ohba
オクチョウジザクラ  var. pilosa (koidz.) H. Ohba
ミヤマチョウジザクラ  var. apetala (koidz.) H. Ohba
【ミヤマザクラ群】
ミヤマザクラ Cerasus maximowiczii (Rupr.) Kom.

《種間雑種》
ニッコウザクラ  Cerasus x tschonoskii (Koehne) H.Ohba(チョウジザクラ x カスミザクラ)
ナルサワザクラ(ハナイシザクラ)  Cerasus x yanashimana (H.Kubota et Moriya) H.Ohba (チョウジザクラ x ヤマザクラ)
チチブザクラ  Cerasus x chichibuensis (H. Kubota et Moriya) H. Ohba(チョウジザクラ x エドヒガン)
オグラヤマザクラ  Cerasus x chichibuensis (H. Kubota et Moriya) H. Ohba var. uyekii (Kubota) H.Ohba(チョウジザクラ x エドヒガン)
モチヅキザクラ  Cerasus x mochizukiana (Nakai) H.Ohba(ヤマザクラ x エドヒガン)
アカツキザクラ  Cerasus x compta (Koidz.) H.Ohba(カスミザクラ x オオヤマザクラ)
タカネオオヤマザクラ  Cerasus x kubotana (Kawas.) H.Ohba(タカネザクラ x オオヤマザクラ)
オオミネザクラ  Cerasus x oneyamensis nothovar. takasawana (H. Kubota et Funatsu) H. Ohba(オオヤマザクラ x オクチョウジザクラ)

《栽培品種》
'イトザクラ' <'糸桜'>  Cerasus spachiana 'Pendula'(エドヒガン枝垂型)
'ウジョウシダレ' <'雨情枝垂'>  Cerasus spachiana 'Ujo-shidare'(エドヒガン系)
'オシドリザクラ' <'鴛鴦桜'>  Cerasus incisa 'Oshidori'(マメザクラ系)
'オネヤマヒガン' <'小根山彼岸'>  Cerasus 'Oneyama-higan'(エドヒガン x ?)
'オモイガワ' <'思川'>  Cerasus x subhirtella 'Omoigawa'(ジュウガツザクラ x ソメイヨシノ)
'ガンマンザクラ' <'含満桜'>  Cerasus x syodoi (Nakai) H.Ohba 'Ganman-zakura'(マメザクラ x オオヤマザクラ)
'クシマザクラ' <'玖島桜'>  Cerasus serrulata 'Kusimana'(サトザクラ)
'コンゴウザクラ' <'金剛桜'>  Cerasus jamasakura 'Kongo'(ヤマザクラ系)
'ササガオシドリザクラ' <'笹賀鴛鴦桜'>  Cerasus 'Sasaga-oshidori'(オオシマザクラ x オシドリザクラ)
'シズカザクラ' <'静桜'>  Cerasus 'Shizuka-zakura'(カスミザクラ系)
'ジュウガツザクラ' <'十月桜'>(準備中) Cerasus subhirtella (Miq.) Sokolov 'Autumnalis'(コヒガンザクラ系)
'ショウドウザクラ' <'勝道桜'>  Cerasus x syodoi (Nakai) H.Ohba 'Shyodoi'(マメザクラ x ソメイヨシノ)
'ショウドウヒガン' <'勝道彼岸'>  Cerasus 'Syodo-higan'(ショウドウザクラ x エドヒガン)
'ソメイヨシノ' <'染井吉野'>  Cerasus x yedoensis 'Somei-yoshino'(エドヒガン x オオシマザクラ)
'フタカミザクラ' <'二上桜'>  Cerasus incisa 'Kamoana'(キンキマメザクラ八重咲型)
'ベニシダレ' <'紅枝垂'>  Cerasus spachiana 'Pendula Rosea'(エドヒガン系)
'ヤエベニシダレ' <'八重紅枝垂'>  Cerasus spachiana 'Plena Rosea'(エドヒガン系)

ウワミズザクラ属 Padus

イヌザクラ  Padus buergeriana (Miq.) T.T.Yü et T.C.Ku
ウワミズザクラ  Padus grayana (Maxim.) C.K.Schneid.
シウリザクラ  Padus ssiori (F.Schmidt) C.K.Schneid.
エゾノウワミズザクラ  Padus avium Mill.

スモモ属 Prunus

《外国産》
ニワザクラ (栽培品種)Prunus glandulosa (Thunb.) Loisel.(広義)
ベニニワザクラ (栽培品種)
ウェスタンサンドチェリー Prunus besseyi Lunell 北アメリカ原産

分類と学名は、「Flora of Japan」(講談社 2001年)、「新日本のサクラ」(山と渓谷社2007年)、および「植物和名ー学名インデックス YList」によりました。分類・学名等は現在も変化しており、内容は予告なく変更することがあります。


国立大学法人東京大学大学院理学系研究科附属植物園日光分園
Copyright(c)