ヤクシマオナガカエデ (屋久島尾長楓)
Acer morifolium Koidz. (ムクロジ科)

分布 九州(屋久島)
生育地 低地〜山地
特徴 落葉高木

その名の通り、屋久島特産のカエデです。ホソエカエデ(準備中)に似ますが、葉の裏の葉脈上に毛があることなどで区別できます。

当園花期 4月下旬
その他 正門トイレ付近に植栽されていましたが、新棟工事のため伐採され、現在準備中です。(2018年)
photo
[正門トイレ付近 2009年11月05日 撮影]
map
point
園内位置
photo
[正門トイレ付近 2015年04月27日 撮影]
photo
[正門トイレ付近 2014年11月27日 撮影]
photo
紅葉した葉
photo
[正門トイレ付近 2014年11月27日 撮影]
photo
果実[正門トイレ付近 2014年11月27日 撮影]

園内の個体は近年、心形の葉を多く付けるようになった。