ノムラカエデ (野村楓)
Acer palmatum Thunb. f. sanguineum Schw. (ムクロジ科)

分布 栽培
生育地
特徴 落葉小高木

オオモミジ系の栽培品種で、春の若葉も赤紫色を帯びているのが特徴で、鑑賞価値の高い樹木です。江戸時代から栽培されてきました。

なお、オオモミジは、以前はイロハモミジの亜種として扱われていましたが、最近は独立種として学名がつけられています。それに従えば、学名はA. amoenum f. sanguineumとなるはずですが、典拠が見つからなかったため、以前の学名で掲載します。

当園花期 4月下旬から5月上旬
その他
photo
紅葉[大正天皇記念碑付近 2009年11月06日 撮影]
map
point
園内位置
photo
[大正天皇記念碑付近 2015年04月28日 撮影]
photo
花[大正天皇記念碑付近 2010年05月06日 撮影]
photo
紅葉[大正天皇記念碑付近 2009年11月06日 撮影]