メグスリノキ (目薬の木)
Acer maximowiczianum Miq. (ムクロジ科)

分布 本州(宮城以南)、四国、九州
生育地 低山のやや湿った場所
特徴 落葉高木

葉は3枚の小葉に分かれた複葉で、一見、カエデの仲間とは思えませんが、れっきとしたカエデです。名前の通り、目薬として使用され、樹皮などに薬効成分が含まれています。

当園花期
その他 別名チョウジャノキ
photo
[石標85番付近 2014年11月10日 撮影]
map
point
point
point
point
point
園内位置
photo
[石標85番付近 2009年10月30日 撮影]
photo
樹皮[石標85番付近 2009年10月30日 撮影]
photo
[石標85番付近 2014年11月06日 撮影]
photo
花[石標85番付近 2011年05月18日 撮影]
photo
地面に落ちた花[石標85番付近 2011年05月18日 撮影]
photo
[石標1〜90番付近 2014年10月30日 撮影]