カラコギカエデ (鹿子木楓)
Acer ginnala Maxim. var. aidzuense (Franch.) K.Ogata (ムクロジ科)

分布 北海道、本州、四国、九州
生育地 山地
特徴 落葉小高木

園内でも一二を争うほど鮮やかな紅葉をするカエデです。名前は、成長すると樹皮が裂け、その様が鹿の子模様に見えることからと言います。何カ所かにありますが、石標18付近のススキの中にある小木が目立ちます。

当園花期 5月中旬〜6月上旬
その他
photo
花[正門付近・国道より 2016年05月24日 撮影]
map
point
point
point
園内位置
photo
花[正門付近・国道より 2019年05月17日 撮影]
photo
紅葉[石標18番付近 2009年10月30日 撮影]
photo
樹皮