トップ】  【概 要】  【利用案内】  【園内案内】  【開花・紅葉状況】  【花暦】  【アクセス】 

園内で見られる植物の説明:  サクラツツジカエデ

カエデ

カエデの仲間(カエデ属 Acer)は世界に150〜200種存在するといわれ、日本には約28種(諸説あり、まだ厳密に定まっていない)が自生しています。当園では、日本の野生種のうち21種に加え、変種、亜種、品種(栽培品種を含む)、および外国産のカエデのいくつかを見ることができます。カエデの仲間は多くが落葉広葉樹ですが、常緑樹もあります(日本には沖縄諸島に自生するクスノハカエデのみ)。大きな特徴は葉が対生することと、2個の分果からなるブーメラン形の翼果でしょうか。掌状に裂けた葉を持つ種が多いですが、単葉(ヒトツバカエデやチドリノキ)や複葉(ミツデカエデやメグスリノキ)のものもあります。

カエデの仲間の存在は秋に紅葉が山を彩ることで特に注目を浴びます。日光の山の紅葉を楽しんだ後は、当園でそれぞれのカエデの葉の形や色づきを見比べてみるのも面白いと思います。また、春にも花が山を彩り、中でもイタヤカエデの黄色い花は遠くからも目につきます。

これまでの分類体系では、カエデ属およびキンセンセキ属(Dipteronia)をカエデ科(Aceraceae)としてまとめていましたが、遺伝子情報に基づいた最新の分類体系APGでは、カエデ科はムクロジ科(Sapindaceae)に統合されました。

日光植物園で見られるカエデ

イロハモミジ節 Sect. Palmata
イロハモミジ  Acer palmatum Thunb.
オオモミジ  Acer amoenum Carrière var. amoenum
ノムラカエデ  f. sanguineum Schw.
ヤマモミジ  var. matsumurae (Koidz.) K.Ogata
ハウチワカエデ  Acer japonicum Thunb.
コハウチワカエデ  Acer sieboldianum Miq.
ヒナウチワカエデ  Acer tenuifolium (Koidz.) Koidz.
オオイタヤメイゲツ  Acer shirasawanum Koidz.

イタヤカエデ節 Sect. Platanoidea
イタヤカエデ  Acer pictum Thunb. (広義)
オニイタヤ subsp. pictum f. ambiguum (Pax) H.Ohashi
エンコウカエデ subsp. dissectum (Wesm.) H.Ohashif. dissectum (Wesm.) H.Ohashi
ウラゲエンコウカエデ  f. connivens (G.Nicholson) H.Ohashi
アカイタヤ subsp. mayrii (Schwer.) H.Ohashi
ウラジロイタヤ subsp. glaucum (Koidz.) H.Ohashi

ウリハダカエデ節 Sect. Macrantha
ウリハダカエデ  Acer rufinerve Siebold et Zucc.
ウリカエデ  Acer crataegifolium Siebold et Zucc.
ホソエカエデ Acer capillipes Maxim.
ヤクシマオナガカエデ  Acer morifolium Koidz.
コミネカエデ  Acer micranthum Siebold et Zucc.
ミネカエデ(準備中) Acer tschonoskii Maxim.
オオバミネカエデ(準備中) var. macrophyllum Nakai
ナンゴクミネカエデ(準備中) Acer australe (Momot.) Ohwi et Momot.

ミツデカエデ節 Sect. Cissifolia
ミツデカエデ  Acer cissifolium (Siebold et Zucc.) K.Koch
アサノハカエデ節 Sect. Arguta
アサノハカエデ  Acer argutum Maxim.
ヒトツバカエデ節 Sect. Distyla
ヒトツバカエデ  Acer distylum Siebold et Zucc.
テツカエデ節 Sect. Parviflora
テツカエデ  Acer nipponicum H.Hara subsp. nipponicum var. nipponicum
オガラバナ節 Sect. Spicata
オガラバナ(準備中) Acer ukurunduense Trautv. et C.A.Mey.
コブカエデ節 Sect. Campestria
クロビイタヤ Acer miyabei Maxim.
シバタカエデ(準備中) f. sibatae
メグスリノキ節 Sect. Trifoliata
メグスリノキ  Acer maximowiczianum Miq.
カラコギカエデ節 Sect. Ginnala
カラコギカエデ  Acer ginnala Maxim. var. aidzuense (Franch.) K.Ogata
ハナノキ節 Sect. Rubra
ハナノキ  Acer pycnanthum K.Koch
カジカエデ節 Sect. Lithocarpa
カジカエデ  Acer diabolicum Blume ex K.Koch
アマミカジカエデ(準備中) Acer amamiense T.Yamaz.
チドリノキ節 Sect. Indivisa
チドリノキ  Acer carpinifolium Siebold et Zucc.

外国産のカエデ
トウカエデ  Acer buergerianum Miq. 中国原産
サトウカエデ  Acer saccharum Marshall 北アメリカ原産
チョウセンハウチワカエデ  Acer pseudosieboldianum (Pax) Kom. 朝鮮・中国北部原産
チョウセンカラコギカエデ  Acer ginnala Maxim. var. ginnala 朝鮮・中国北部原産

分類は、「Flora of Japan」(講談社 2001年)を基に一部改変しています。和名・学名は「植物和名ー学名インデックス YList」に基づいています。分類・学名等は現在も変化しており、内容は予告なく変更することがあります。


国立大学法人東京大学大学院理学系研究科附属植物園日光分園
Copyright(c)