オクノミズギク

Inula ciliaris (Miq.) Maxim. var. pubescens Sugim. (キク科)

山地の湿地に生えるキクの一種です。ミズバショウ池に植栽されています。茎が毛深いのが特徴です。

[ミズバショウ池 2021年07月12日 撮影]

[ミズバショウ池 2018年06月26日 撮影]

花[ミズバショウ池 2018年06月18日 撮影]

[ミズバショウ池 2014年07月24日 撮影]

葉と茎[ミズバショウ池 2014年07月24日 撮影]

[2009年07月10日 撮影]

オゼミズギク endemic species to Japan

Inula ciliaris (Miq.) Maxim. var. glandulosa Kitam. (キク科)

ボッグガーデンに植栽されています。ミズギクの変種で、尾瀬・日光に分布します。葉の裏に腺点が目立つようです。過去の園内の名札は「オゼノミズギク」となっていました。

[ボッグガーデン 2021年07月20日 撮影]

[ボッグガーデン 2020年08月07日 撮影]

花[ボッグガーデン 2014年07月24日 撮影]

葉と茎[ボッグガーデン 2014年07月24日 撮影]