ゼンテイカ(別名:ニッコウキスゲ)
Hemerocallis dumortieri C.Morren var. esculenta (Koidz.) Kitam. ex M.Matsuoka et M.Hotta (ススキノキ科)

photo
[ロックガーデン 2020年06月12日 撮影]
photo
[ボッグガーデン付近 2018年06月01日 撮影]

尾瀬をはじめとした日光地方の群落が有名となり、ニッコウキスゲの通称で親しまれていますが、本来、北海道から関東地方〜近畿地方の一部まで広く分布しています。近年の分類体系でユリ科は小さく限定され、本種はススキノキ科とされました。近年シカの食害によりほぼ見られなくなっていましたが、シカ柵による追い出しで回復してきていいます。

photo
[ロックガーデン付近 2009年06月18日 撮影]
photo
[ロックガーデン付近 2007年06月08日 撮影]

トビシマカンゾウ
Hemerocallis dumortieri C.Morren var. exaltata (Stout) Kitam. ex M.Matsuoka et M.Hotta (ユリ科)

photo
[ボッグガーデン付近 2020年08月05日 撮影]

ボッグガーデン前にニッコウキスゲ、エゾキスゲと共に植栽されています。山形県の飛島で発見された島嶼型変種で、ニッコウキスゲよりも大型で草丈は〜1m程になります。

photo
[石標81番付近 2008年08月21日 撮影]

 日光植物園の植物  開花状況  日光植物園TOP

 © 2009 − Nikko Botanical Garden