シモツケソウ endemic species to Japan

Filipendula multijuga Maxim. (バラ科)

シモツケに似た雰囲気の花を付ける多年草です。シモツケと同時期に開花します。葉はよく見ると羽状複葉で、掌状の頂小葉のみが目立ち、小さな側小葉があります。園内の個体は実験室前芝生の個体は側小葉が多く、ロックガーデン、ミズバショウ池付近のものは側小葉が少ないです。園内のシモツケソウ属(Filipendula )の植物は他に、変種のアカバナシモツケソウ、日本海側多雪地に多いコシジシモツケソウ、白花で大型のオニシモツケ、葉が鋸状のロクベンシモツケソウ、園芸品種のキョウガノコがあります。

[ロックガーデン 2021年07月20日 撮影]

[ミズバショウ池付近 2018年06月26日 撮影]

側小葉[実験室前芝生 2022年06月20日 撮影]

托葉[実験室前芝生 2022年06月20日 撮影]

[ミズバショウ池付近 2016年06月30日 撮影]

過去の写真
'09.07.03

アカバナシモツケソウ endemic species to Japan

Filipendula multijuga Maxim. var. ciliata Koidz. (バラ科)

シモツケソウの高山型変種で、果実に毛が生えるのが特徴です。現在は実験室前芝生、石標51番付近に植栽されています。園内の個体は側小葉が少なく、托葉は薄くやや細長いです。

[ロックガーデン 2016年06月30日 撮影]

側小葉、托葉[石標51番付近 2022年06月20日 撮影]

[2009年06月24日 撮影]