ハンカチノキ

Davidia involucrata Baill. (ヌマミズキ科)

駐車場西側に植栽されている、植物園のシンボルツリーです。ハンカチノキと発見者であるダヴィッド神父については、2010年の花便りで解説しています。また、園内案内にもハンカチノキの解説があります。以前は向かって左側の先に植えた樹から開花していましたが、近年は右側の新しい樹が少し早く開花します。

黄葉[駐車場 2022年11月11日 撮影]

[駐車場 2022年05月19日 撮影]

まもなく開花[駐車場 2021年05月06日 撮影]

[駐車場 2020年05月26日 撮影]

[駐車場 2018年05月11日 撮影]

例年だと5月中旬以降が見頃になりますが、2018年はサクラ同様開花が早く、既に満開になっています。[駐車場 2018年05月11日 撮影]

展葉と同時に開花します。まだ「ハンカチ」の部分が未熟なので目立ちませんが、近づくと独特の花の香りがします。[駐車場 2018年05月02日 撮影]