ボタンヅル

Clematis apiifolia DC. var. apiifolia (キンポウゲ科)

過去の記録では、園内のボタンヅルは3裂した小葉がさらに3裂するコボタンヅル(var. biternata )でしたが、小葉の分裂が見られない個体や不明瞭な個体もありそうです。

[駐車場北側 2022年08月01日 撮影]

コボタンヅル endemic species to Japan

Clematis apiifolia DC. var. biternata Makino (キンポウゲ科)

カザグルマと同じセンニンソウ属のつる性植物です。西の方では葉が1回3出複葉のボタンヅルが多く、中部・関東地方では2回3出複葉型変種のコボタンヅルが多いようです。過去の記録では園内の個体はコボタンヅルとされてきました。葉が全縁のセンニンソウともよく似ています。石標1番付近や石標60番付近に見られ、花期には白い花が植物を覆うように咲きます。

[駐車場 2022年08月05日 撮影]

[石標14番付近・通御橋手前 2019年08月06日 撮影]

オニドコロとのせめぎ合い[石標1番付近 2018年08月17日 撮影]

[駐車場付近 2017年08月22日 撮影]

[駐車場付近 2014年07月17日 撮影]

[駐車場付近 2014年07月17日 撮影]