ナンブアザミ
Cirsium nipponicum (Maxim.) Makino var. nipponicum (キク科)

photo
[石標1番付近 2019年09月19日 撮影]
photo
[石標1番付近 2017年09月05日 撮影]
photo
[石標23番付近 2009年08月24日 撮影]

高さ1〜2mに達する、大型のアザミです。和名の由来は岩手県の古名である南部から。その名の通り雪の多い所に生え、本州中部以北に分布しています。開花時に根生葉は残らないこと、葉の基部が茎を抱かないことなどが特徴です。ノハラアザミと本種は園内各所で見ることができます。

photo
[石標1番付近 2019年09月19日 撮影]
photo
[石標1番付近 2017年09月05日 撮影]
photo
[石標23番付近 2009年08月24日 撮影]

トネアザミ(別名:イガアザミ)
Cirsium nipponicum (Maxim.) Makino var. incomptum (Maxim.) Kitam. (キク科)

photo
[実験室前芝生 2017年09月26日 撮影]
photo
[実験室前芝生 2009年09月18日 撮影]

ナンブアザミの変種で、棘が鋭く、葉は羽状に中裂することが多いタイプです。実験室前芝生に植栽されています。

photo
[実験室前芝生 2017年09月26日 撮影]
photo
[実験室前芝生 2009年09月18日 撮影]

 日光植物園の植物  開花状況  日光植物園TOP

 © 2009 − Nikko Botanical Garden