ギョウジャニンニク

Allium victorialis L. subsp. platyphyllum Hultén (ヒガンバナ科)

現在は石標1番手前のサクラ園入り口付近、石標92番付近、石標22番付近で見られます。若芽は山菜として食用になりますが、スズラン等の若芽とよく似ており、誤って食中毒を起こす事件も多いようです。ユリ科、ネギ科と落ち着きがありませんが、APGIIIではネギ属はヒガンバナ科に位置づけられました。同属の仲間には、ヒメニラがあります。

[石標1番付近 2022年06月01日 撮影]

[石標1番付近 2020年06月05日 撮影]

[石標1番付近 2020年06月04日 撮影]

[石標1番付近 2020年06月03日 撮影]

[石標22番付近 2020年05月12日 撮影]

春の芽吹き[実験室前小ロック 2010年04月20日 撮影]