12. 草地再現エリア

photo
茅ボッチ[2018年11月13日 撮影]

日光の土呂部地方の伝統的な採草地を再現し、貴重な植物を保護・観察できるようにした区画です。実験室前芝生から休憩芝生に繫がる斜面を利用しています。ススキの合間から、エゾカワラナデシコやコウリンカなど、林床の植物とはまた異なる植物を見ることができます。

秋には日光茅ボッチの会の協力のもと、茅ボッチづくり体験会なども行っています。詳細は植物園トップページに掲載いたします。奮ってご参加ください。

茅ボッチとは、草地から刈り取った草をまとめ、乾燥させるために円錐形に立てかけたものです。小さくまとめた草束を5つ使って立たせることで、安定性と風通しを両立した構造になります。

【園内マップへ戻る】