小石川植物園は東京大学大学院理学系研究科の附属施設です。
  1. トップ
  2. 概要
  3. 植物園で活躍した研究者

概要

植物園で活躍した研究者

矢田部良吉

矢田部良吉

1877年(明治10年)に東京大学が創立されたおり、初代の植物学教授に就任した。 1880年に米国へ留学し、コーネル大学を卒業。 1889年に、植物学雑誌に「泰西植物学者に告ぐ」を発表して日本でも種の同定ができることを宣言した。 その前後にキレンゲショウマ (Kirengeshoma palmata Yatabe) を新属として発表している。 理科大学教頭も務めたが、明治24年(1891)に非職となった。

伊藤圭介

伊藤圭介

1877年に東京大学が創立されると共に、東京大学員外教授となったが、その時既に75歳であった。 シーボルト(P. Fr. von Siebold)にも親しく交わり、最初のリンネ式体系に基づく、「泰西本草名疏」を著わした。 植物園にあって専ら植物の同定に当り、東京大学最初の公式刊行物である「小石川植物園草木目録」、「東京大学小石川植物園草木図説」等を編纂した。 1896年83歳で非職となった。

松村任三

松村任三

矢田部教授の助手として勤め、矢田部教授非職の後、植物学教授となった。 ドイツに学んで、植物解剖学の手法を導入し、また「植物名彙」を著わし、植物学の近代化に貢献した。 初代植物園長となる。本園のソメイヨシノを基準標本とし、学名を発表した。

牧野富太郎

牧野富太郎

日本の植物誌を作製した代表的人物であり、代表的著作である「牧野植物図鑑」により広く知られる。 当初、在野の研究者でありながら矢田部教授の研究室への出入許可から始まり、出入り差し止めにも会うが、のちに助手から講師となり、1939年77歳まで務めた。 死後文化勲章を授与された。

平瀬作五郎

平瀬作五郎

植物学教室に、最初画工として務め、後助手となったが、在籍期間は僅か10年間であった。 1896年に世界的発見であるイチョウの精子発見を植物園の大イチョウで行った。

池野成一郎

池野成一郎

植物学教室の初期の卒業生であり、1896年にソテツで精子発見を行ったが、当時の職は農科大学助教授であった。

三好学

三好学

大学院在学中に近代的植物生理学の創始者であるW. Pfeffer教授(ライプチッヒ大学、ドイツ)の研究室へ留学し、帰国後第二講座(植物生理学)の初代教授となり、我が国の植物生理学・生化学の基礎を作った。 また、二代目の植物園長としても務めた。 メンデルブドウは三好教授により、1914年オーストリア=ハンガリー帝国ブルノより導入されたものである。

早田文蔵

早田文蔵

台湾の植物誌作製に大いに貢献した。 また、学説「動的分類体系」の創始者で、その意義は、今日の分類体系にも通ずるところありとされて、再評価されている。 病を得て、比較的早く亡くなった。三代目植物園長を務める。

中井猛之進

中井猛之進

朝鮮半島の植物誌の作製に貢献した。 四代目植物園長を務める。

植物多様性の保全 研究・教育活動 研究教育利用について 取材等について
ライフィングリーン プロジェクト 東京大学 大学院理学系研究科・理学部 東京大学大学院理学系研究科生物科学専攻 ・理学部生物学科 小石川植物園後援会 その他のリンク
お問い合わせ

小石川植物園は東京大学大学院理学系研究科の附属施設です。 東京都文京区に本園、栃木県日光市に日光分園があります。 当園・ホームページ へのご意見・ご質問は下記までお願いします。 なお、取材依頼はこちらからお願いします。

〒112-0001
東京都文京区白山3丁目7番1号
TEL : 03-3814-0138
FAX : 03-3814-0139
  • 写真を添付する際にはファイルサイズを縮小して下さい。
  • 当園植栽以外の植物の質問は、自治体等のみどりの相談所・窓口にお問い合わせ下さい。
  • 本ホームページ内の文章及び画像の無断転載・引用を禁じます。
Copyright © Botanical Gardens, Graduate School of Science, The University of Tokyo. All rights reserved.