小石川植物園は東京大学大学院理学系研究科の附属施設です。
  1. トップ
  2. 開花・紅葉状況

開花・紅葉状況

2013年 開花状況カレンダー

12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
11月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
10月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
8月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
7月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
5月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
4月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
3月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
1月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の開花・紅葉状況

2013年12月24日

カンツバキ(ツバキ科)
Camellia sasanqua Thunb. 'Shishigashira', Theaceae.

園内地区C13,14

タイワンサザンカ(ツバキ科)
Camellia tenuiflora (Hayata) Cohen-Stuart, Theaceae.

園内地区F14,ツバキ園

ロウバイ(ロウバイ科)
Chimonanthus praecox (L.) Link, Calycanthaceae.

園内地区E15
咲き始めです。

ソシンロウバイ(ロウバイ科)
Chimonantuhus praecox (L.) Link var. grandiflorus (Lindl.) Makino

園内地区F15
咲き始めです。

マメキンカン(ミカン科)
Fortunella hindsii (Champ. ex Benth) Swingle, Rutaceae.

園内地区C13

ロウヤガキ(カキノキ科)
Diospyros rhombifolia Hemsl. Ebenaceae.

園内地区C9

園内では他に、サザンカ各品種、カンボケ、タイワンホトトギス、グランサムツバキ、ビワ、ヤツデ、カリン(実)、クチナシ(実)、ツクシカイドウ(実)、ヒゼンマユミ(実)、クロガネモチ(実)などがご覧になれます。

お問い合わせ

小石川植物園は東京大学大学院理学系研究科の附属施設です。 東京都文京区に本園、栃木県日光市に日光分園があります。 当園・ホームページ へのご意見・ご質問は下記までお願いします。 なお、取材依頼はこちらからお願いします。

〒112-0001
東京都文京区白山3丁目7番1号
TEL : 03-3814-0138
FAX : 03-3814-0139
  • 写真を添付する際にはファイルサイズを縮小して下さい。
  • 当園植栽以外の植物の質問は、自治体等のみどりの相談所・窓口にお問い合わせ下さい。
  • 本ホームページ内の文章及び画像の無断転載・引用を禁じます。
Copyright © Botanical Gardens, Graduate School of Science, The University of Tokyo. All rights reserved.