メタセコイヤ(アケボノスギ)

Metasequoia glyptostroboides Hu et Cheng

メタセコイヤ
メタセコイヤ

第三紀の地層から出る植物化石の研究において、昭和16年(西暦1941年)に Metasequoia 属は化石属として発表されました。ところが、昭和21年(西暦1946年)に、現生種が中国四川省で発見されました。小石川植物園のメタセコイヤ林は、現地で採集され、アメリカのメリル博士により昭和23年(西暦1948年)に東京帝国大学理学部助教授(当時)原寛に贈られた種子に由来します。

園内地図