ニュートンのリンゴ

ニュートンのリンゴ

物理学者S. I. Newton (1643-1727)は、リンゴの実が木から落ちるのをみて「万有引力の法則」を発見した逸話は有名です。Newtonの生家にあったリンゴの木は、接ぎ木により各国の科学機関に分譲されていますが、本園の株は、1964年に英国物理学研究所所長サザーランド卿から、日本学士院長 柴田雄次博士に贈られたものです。

ふつうはリンゴの果実はできません。

園内地図