植物分類標本園

生きた植物をみて、植物の分類体系を学べるように、東アジアに分布する種を中心に、約500種の代表的な植物(科の中で代表的な属、もしくはこの園内で栽培できる種を選んで)が、ほぼエングラー(1844〜1930; ドイツの植物分類者)の分類体系に従って植えられています。東側(売店側)からシダ植物・双子葉植物・単子葉植物となっています。植栽の配列の概略(科の配列)は下の表をご覧下さい。


東側(売店側)
配列
A1
A2
A3
A4
A5
A6
A7
A8
通路
B1
B2
B3
B4
B5
B6
B7
B8
1
シ ダ 植 物
シ ダ 植 物
2
ヤマモモ科
ヤ ナ ギ 科
センリョウ科
ドクダミ科
裸 子 植 物
3
カ バ ノ キ 科
ブ ナ 科
ニレ科
ク ワ 科
クワ科
イラクサ科
ウマノスズクサ科
タデ 科
4
ナ デ シ コ 科
スベリヒユ科
ツルナ科
ヤマゴボウ科
ヒ ユ 科
ア カ ザ 科
5
ボタン科
キ ン ポ ウ ゲ 科
キ ン ポ ウ ゲ 科
6
マツブサ科
シキミ科
モ ク レ ン 科
ツ ヅ ラ フ ジ 科
メ ギ 科
ア ケ ビ 科
7
ロウバイ科
クスノキ科
ケ シ 科
ア ブ ラ ナ 科
ベンケイソウ科
8
トベラ科
ユ キ ノ シ タ 科
ユ キ ノ シ タ 科
9
マ ン サ ク 科
バ ラ 科
バ ラ 科
10
バ ラ 科
バ ラ 科
11
マ メ 科
マ メ 科
12
ヒメハギ科
ニガキ科
ミ カ ン 科
ハマビシ科
アマ科
カタバミ科
フウロソウ科
マ メ 科
13
ト ウ ダ イ グ サ科
ツ ゲ 科
ドクウツギ科
ウルシ科
モチノキ科
ニ シ キ ギ 科
14
ブ ド ウ 科
ク ロ ウ メ モ ド キ 科
ツリフネソウ科
アワブキ科
カ エ デ 科
ミツバウツギ科
15
シナノキ科
ア オ イ 科
マ タ タ ビ 科
ツ バ キ 科
オトギリソウ科
 
 
16
ノボタン科
ザクロ科
ミソハギ科
グ ミ 科
ジンチョウゲ科
シュカイドウ科
ナギナタソウ科
キブシ科
スミレ科
ギョリュウ科
17
アカバナ科
ウ コ ギ 科
セ リ 科
ミ ズ キ 科
18
ツ ツ ジ 科
ツ ツ ジ 科
リョウブ科
イチヤクソウ科
19
ツ ツ ジ 科
ヤ ブ コ ウ ジ 科
サクラソウ科
イソマツ科
カキノキ科
ハイノキ 科
エゴノキ科
20
キョウチクトウ科
リンドウ科
フジウツギ科
モクセイ科
モ ク セ イ 科
21
ガ ガ イ モ 科
ヒルガオ科
ハナシノブ科
ムラサキ科
ク マ ツ ヅ ラ 科
22
シ ソ 科
シ ソ 科
23
ナ ス 科
ゴマノハグサ科
キ ツ ネ ノ マ ゴ 科
ハエドクソウ科
オオバコ科
24
ス イ カ ズ ラ 科
ア カ ネ 科
25
ス イ カ ズ ラ 科
オミナエシ科
マツムシソウ科
ウリ科
キ キ ョ ウ 科
26
キ ク 科
キ ク 科
27
キ ク 科
キ ク 科
28
イ ネ 科
イ ネ 科
29
イ ネ 科
イ ネ 科
カヤツリグサ科
ヤシ科
30
ビャクブ科
イグサ科
ツ ユ ク サ 科
サ ト イ モ 科
31
ユ リ 科
ユ リ 科
32
ヤマノイモ科
ヒガンバナ科
ユ リ 科
33
ア ヤ メ 科
バショウ科
ショウガ科
カンナ科
ラ ン 科
A1
A2
A3
A4
A5
A6
A7
A8
通路
B1
B2
B3
B4
B5
B6
B7
B8